« 蔵書印の最終デザイン | トップページ | 禁煙の結果 »

2005.05.16

是枝裕和『誰も知らない』(04)☆☆★★★

 日本映画専門チャンネルでみた。


誰も知らない

監督: 是枝裕和
出演: 柳楽優弥, 北浦愛


 この作品をみて一番最初に感じたのは、戦後イタリアのネオリアリズモのタッチだな、ということ。ネオリアリズモの有名どころというとデ・シーカ『自転車泥棒』(46)やロッセリーニ『無防備都市』(45)。やり切れない現実が感情を交えられることなく描かれる。この手の淡々とした作風というか手法は久しく見ていなかったので、非常に懐かしく感じてしまった。

 内容的にはどうなんだろう。88年に実際にあった置き去り事件を基にしているということなんだけど、このようなことって思っている以上にありそうな気がする。戸籍のない子とかも。

 これは現在のお話で、99.99%はごく普通の生活をしているから、異様に感じる。戦後なんて戦争孤児がいて、空襲でやられた大都市なんておそらく1000人単位で自分で生きていかなければならない子供たちがいたろうと思うとこれもまた胸が痛む。ま、棄てられたのとは状況が違うから同次元に扱ってはいけないんだろうけど。

 YOUの元もとの能天気ぶりが完全にはまってて、違和感がない。ゴンチチのサティ風のやや無機質な音楽と感傷的な音楽。ちょっと目立ってたかも。

|

« 蔵書印の最終デザイン | トップページ | 禁煙の結果 »

DVD」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/4143438

この記事へのトラックバック一覧です: 是枝裕和『誰も知らない』(04)☆☆★★★:

« 蔵書印の最終デザイン | トップページ | 禁煙の結果 »