« 軍艦島での生活 | トップページ | パラフィン紙(グラシン紙) »

2005.04.22

桃井かおりと大竹しのぶ

 先日、TV放映されていた『幸福の黄色いハンカチ』を見てて、カミさんと桃井かおりは今、幾つだという話になった。

 CMで肌を露出してたりしているのを見ると、どう見ても40代半ばだろうとカミさんは主張する。『黄色いハンカチ』は77年作で、すでに28年前。この映画で桃井はどう見ても20歳は過ぎているから、50歳過ぎててもおかしくはない。しかし、カミさんはちっとも納得してくれない。

 ネットで調べてみると、桃井かおりは1952年4月8日生まれ。53歳だった。立派に50歳を過ぎていた。

 そう言われてみると、確かに彼女はそんな歳には見えない。あのアンニュイさというのが、若い頃から妙な落着きを醸し出していて、それで老けを感じさせないのかもしれない。若い頃のあのアンニュイさは、多少の苛立ちを感じさせたこともあったが、今となっては板についたというか、凛としたものを向こうに見せて呉れたりするので、うまく調和してて心地よい。

 天才女優と言われた大竹しのぶもアンニュイさを持っているが、こちらはどうにもこうにも好きになれない。ただ単にトロいだけという印象しかない。ただ、ショウケンと共演したドラマ『ガラスの知恵の輪』の大竹はよかった。

|

« 軍艦島での生活 | トップページ | パラフィン紙(グラシン紙) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/3804280

この記事へのトラックバック一覧です: 桃井かおりと大竹しのぶ:

« 軍艦島での生活 | トップページ | パラフィン紙(グラシン紙) »