« 友里千賀子と善場貴子 | トップページ | アドベンチャーゲームと「ねじ式」 »

2005.04.15

クーロンズ・ゲート-九龍風水傅-


クーロンズ・ゲート-九龍風水傅-

ソニー・ミュージックエンタテインメント エピックレコード
機種: PlayStation
ASIN: B000069TQK
発売日:1997/02/28


 PS2を買ったので、PSの伝説ゲーム『クーロンズ・ゲート-九龍風水傅-』をヤフオクで入手してみました。初回限定版のブックレット付きが定価7,800円(税抜)が500円(+送料210円)と1割弱で入手できたので、まずまず。

 その世界観がスゴイという評判だったけど、確かに子供のやっているドラクエと見比べてみると、ゲーム云々というより、美術を見ているだけでもそこそこ楽しめる。実際の香港の九龍城を写真集とかで見ているとデフォルメし過ぎているという部分はあるけども、やはり湿っぽい雑多とした薄暗がりというイメージを旨く捉えている。

 ダンジョンがメインのゲームなので疲れる。ゲームをセーブするためにも、随分動き回って端末を探さないとできない。中断しようと思って、セーブのための端末を探し出すのに30分くらいかかってしまった。時間の余裕のない時には出来そうもないゲームだ。

 3Dの世界をさ迷うのだけども、移動がゆらゆらとした感じで、プレーする人によっては3D酔いするらしいけど、自分は全く平気だった。

 九龍城も軍艦島と同様なかなか興味深い対象であります。

 風水について。風水は占いの類だとは思ってません。科学的理論に基づいているものだと思います。ひととおり勉強してみたいのですが、なかなか取っ掛りがなくて...

|

« 友里千賀子と善場貴子 | トップページ | アドベンチャーゲームと「ねじ式」 »

オークション」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

軍艦島・同潤会アパート」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。トラックバックから飛んできました。ブログ初心者なのでこういう使い方するのね~などと、勝手に感心しております(笑)

***
クーロンズゲート、プレイされてみたんですね~。
私は随分と長くこのゲームと付き合っているのですが、…画面酔いするので長時間は不可能。更に端末よどこだ(笑)ですね。最初は話を進めるのも必死でした。
…いい加減もう長い事やってるので、端末のありかはわかってるし、構造も、どう行けばよかったかもほぼ覚えてしまっているのですが…
それでも何度もやってます。
変な魅力があります。そこまでゲーマーというわけでもないのに、こんなに何度もやったゲームって…これくらいなんですけどね(^^;
とにかく妙なゲームです。最後まで頑張ってクリアできる事をお祈りしております!

投稿: 遙藍 | 2005.04.15 19:32

これはとんでもないお方のblogにTBしてしまったようで...(^^;) 監督さんご本人にコメントを頂いたようで非常に光栄です。
まだフロントをうろうろしているという状態でほんの触りなんですが、この後に展開するという世界(とくにエッシャー)を楽しみにしております。
ただPSの時代のものなので、情報量が少なくブロックノイズがでまくっているのが残念ですねぇ。PS2なら完璧な表現になると思うのですが。
ああいった世界というのはマンガだとなんか物足りなく(つげ義春は何となく近いものを持ってますが)、こういったゲームでこそようやく存分に味わえるものだと思っています。そういう意味でも「クーロンズ・ゲート」は魅力的ですね。
昨日から2ちゃんねるも見ているのですが、数年にわたってスレッドが続けられ、生きの長いゲームであるということをあらためて思い知らされたところです。
クリアするまで、存分に楽しませて頂くつもりです。

投稿: O-Maru | 2005.04.16 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/3704914

この記事へのトラックバック一覧です: クーロンズ・ゲート-九龍風水傅-:

« 友里千賀子と善場貴子 | トップページ | アドベンチャーゲームと「ねじ式」 »