« クーロンズ・ゲート-九龍風水傅- | トップページ | 代替品/川田喜久治『地図』 »

2005.04.15

アドベンチャーゲームと「ねじ式」

 昨日から始めた「クーロンズ・ゲート」はアドベンチャー・ゲームということになっているんだけど、ロールプレイング・ゲームとどう違うんでしょ? 違いがまったく判りません。

 「クーロンズ・ゲート」をしていて思い出したのが、学生時代にPC98でやった「ねじ式」というゲーム。あたしがつげファンだと知っていた後輩が「研究室に面白いものがあります」なんて、湿っぽい理学部研究室に案内してくれ、一晩だけだけど、迷惑を省みず心ゆくまでいたさせて頂きました。

 もちろん「ねじ式」はつげ義春の代表作のメメクラゲの出てくるあいつなんだけど、もっきり屋少女とかゲンセンカン主人とかの有名どころの登場人物が総出演するゲームだった。何だかんだといって、つげワールドなもんだから、とにかく暗くねっとりした感じ。あたしらのようなつげファンでなければ、どこがおもしろいんだろうかと言わせてしまうような代物でした。

 たぶん、「ねじ式」もアドベンチャー・ゲームにカテゴライズされるんでしょうねぇ。俯き加減でさ迷って、アドベンチャー。かなり怖いです。

|

« クーロンズ・ゲート-九龍風水傅- | トップページ | 代替品/川田喜久治『地図』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/3715723

この記事へのトラックバック一覧です: アドベンチャーゲームと「ねじ式」:

« クーロンズ・ゲート-九龍風水傅- | トップページ | 代替品/川田喜久治『地図』 »