« -行列幅コピーver1.10-Excelアドインソフト  | トップページ | 写真集もろもろ »

2005.03.13

廃屋(日本家屋)は怖い

 廃墟ブームということだけど、廃屋、特に日本家屋は怖い。

 父親の実家は四国山地の中ほど山奥の村にあって、僕が小学校に入ってもしばらく、昭和40年代後半までは祖父母はそこに住んでいた。築200年くらいの茅葺きの農家で、側には牛舎、鶏舎、そして、少し下ったところには豚舎もあった。水は川から管を引いて取っていた。大きな水瓶もあった。夏、スイカやビールを冷やすのは冷蔵庫でなくって、屋根つきの川魚の住む泉だった。夏休みにしか過ごしたことはなかったが、日中は暑いものの夜は涼しく、今も残っていれば避暑地としては最高と思える場所だった。

 皆が山を下りてから、2年、無人となって閉め切られた家屋のなかですでに床板が腐りはじめ、畳の上を歩くと大きくたわみ危険な状態になっていた。日本は湿気が多いので家屋は換気が重要になるのだが、そのあたりの影響がもろにでていたようだった。空気は完全に淀んで重苦しい。重苦しいのは空気だけの所為かというとそうでもないという気がする。

 アンティークを扱っている人の話でどこかで見聞きしたのだけど、ものは100年くらい過ぎないとその持ち主の情念が抜け去らないものらしい。

 家にだってそういうものがあるんじゃないかと思う。日本家屋は朽ち果てながらも気配を携えているから資が悪いくらいに気持ちが悪い。近所のガキが入り込んで火遊びをし、ボヤを出したようで、放置しておくと危険だということで早々に家屋を解体してしまったようだ。釜戸の煙で燻されて黒光りしていた柱や梁が今となっては懐かしい。

|

« -行列幅コピーver1.10-Excelアドインソフト  | トップページ | 写真集もろもろ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

折れも常駐さんもいつかは田舎で暮らしたい!!

と思っているのら~♪

ポン男くんのおばあちゃんの家・・・素敵な家だった

んだね~♪

投稿: ポンガーwww | 2005.03.13 05:23

 田舎暮らしするのなら若いうちかなという気がしないでもないです。足腰立たなくなったら、人気のないところでは生活できません。これからは人口減小でそれに伴って人が街中に集中をはじめる。とくに人口の少ない地方都市ではそれが著しい。ということで、あたしの場合には老後の田舎暮らしは難しいかも...

 山奥の実家はいいところでしたよ。朝、起きるとすぐ下の水路でとってきたというドジョウでドジョウ汁ですもんねぇ。水の綺麗なところにしかいないというあめんぼとかが屋外の洗い場の貯水で遊んでいたり。屋外の便所にいく時、漆黒の暗闇が怖かったり。いろいろ思いだすんですが、もうあそこがないと思うとどうしようもなく寂しくなってしまいます。

投稿: O-Maru | 2005.03.13 15:13

ごぶさたしております。ゆうらでございます。

古い日本家屋には独特の凄みがありますよね。
今、建替え中ですが・・・。
井戸も埋めちゃうのかなぁ。夏には祖父がスイカを冷やしてくれていたんですよね。。(遠い目)

投稿: ゆうら | 2005.03.13 20:37

 ゆうらさん、お久しぶりです。

 日本家屋というのは本来風土にあったように作られているから決して悪くないと思うんですが、如何せん、ライフスタイルが変わってきてしまっているから非常に扱い難くなってきてますね。

 建て替えっていうのは実家の話でしょうか? 井戸があったんですね。夏は冷たく、冬は暖かく、上水道水と比べて柔らかいということで重宝されることの多い井戸ですが、環境が悪くなって使えなくなってることも多いようですね。ただ、埋める時には注意をした方がよいようです。井戸に纏わる怖い話はよく見かけます。

投稿: O-Maru | 2005.03.13 22:25

>ゆうらさん
井戸を埋める時は本当に注意して下さいね♪
都会の建築業者でさえ、お払いをしてもらわないと
埋める工事は引き受けないそうです♪
建築業界の定説ですから・・・

投稿: ポンガーwww | 2005.03.13 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/3275720

この記事へのトラックバック一覧です: 廃屋(日本家屋)は怖い:

« -行列幅コピーver1.10-Excelアドインソフト  | トップページ | 写真集もろもろ »