« News23 | トップページ | インド洋地震/ニュース速報 »

2005.03.29

ホリエモンとマキアヴェッリ

 ホリエモンのとにかくお騒がせばかりの一連の報道をみていて、彼らはもっとまともな方法でことを進められないものなのかと思ってしまう。

 そこで思い出すのが、マキアヴェッリ。500年前を生き、『君主論』等の策略に纏わるものを書いているのだけど、その思想は現在でも通用するものが多い。


マキアヴェッリ語録

塩野 七生 (著)
単行本: 218 p ; サイズ(cm): 22
出版社: 新潮社
ISBN: 4103096276 ; (2003/07)


 倫理も無視しがたい、しかし、何事かをやり遂げるのには方法というものがあるのも間違いない。

 すでに倫理を無視しているとしか思えないホリエモンは徹底的にマキアヴェッリ的にことを進めるべき。そうしているつもりかもしれないが、現状を見ているとまだまだ甘い。ホリエモンはもともと嫌いだが、中途半端にことを進めるヤツはもっと嫌いだ。

|

« News23 | トップページ | インド洋地震/ニュース速報 »

報道」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

マライアキャリー来日してるYOw

投稿: pnge | 2005.03.30 05:50

マライヤキャリーって、だれ?

投稿: O-Maru | 2005.03.30 21:24

はじめまして。
他のブログ・サービスの会員です。
トラックバックを送りました。

投稿: 通行人 | 2005.04.30 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/3478931

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンとマキアヴェッリ:

» 現実を直視した悪徳のリーダーシップ論  塩野七生 『マキアヴェッリ語録』 [買った 読んだ 書いた! 読書ジャンキーの乱読日誌]
著者: 塩野 七生 タイトル: マキアヴェッリ語録 かつて、マイクロソフト日本法人の社長だった成毛真氏は、35歳で同社の社長を任された時、参考にしたのが、イタリア・ルネサンス期、フィレンツェ共和国の外交官だったマキアヴェッリの『君主論』であったそうだ。 成毛氏は、社長就任と同時に、『君主論』に書いてあることを忠実に実行した。 無能の社員を容赦なくクビにし、自分の意志伝達が速やかになされる�... [続きを読む]

受信: 2005.04.30 11:34

« News23 | トップページ | インド洋地震/ニュース速報 »