« ドライブ・シミュレーション | トップページ | 丹下健三 »

2005.03.24

女性のフットワーク

 先週末、仕事をしていると実家から携帯に電話が入った。急病か?事故か?と心配しながら、電話に出ると、母親からのもので「明日から10日間ほどネパールに行くから」ということだった。ヨーロッパ方面なら数年に一度、観光に行っている。仕事をやめてから、趣味で絵を描いてそれを売り、売り上げをもとでに材料集めにまた海外へというような塩梅だ。それが今度は「連れて行ってくれるという人がいるから」とかでネパール。あたしなんか、いまだにパスポート持ってないんだが。

 女性ってフットワークが軽いのに驚く。知り合いの中にも、突然、仕事をやめて、東京に出て行ってみたり、残業がない約束で就職したはずなのに、就職数日後に残業を命じられ、その場で辞めちゃった人とか。

 男はまずしがらみが合って、っていうことで、なかなか思い切ったことができないことが多い。

 こういったことと関係あるのかどうか判んないのだけど、学生時代、映画研究会にいて映画(8mmフィルム!)を取っていて、男女の差で非常に面白いものがあった。

 映画を撮る際、ほとんどサークルの身内を役者に仕立てるんだけども、女性はまずイヤだということが多く、男は二つ返事でOKしたりする。しかし、実際の撮影現場では、撮影に入るまで随分と嫌がっていた女性は感心するほど乗り気になって演技をしてくれ、男はというとまったくダメなことが多い。

 女性というのは少しでもその気になるととことん動いてくれるものなのかもしれない。

 ちなみに15、6年前、映画の上映活動を行っていた頃は、プログラムの中には最低でも1本は女性受けする作品を入れる、というのが鉄則になっていました。当時の文化は20代女性が作ってましたから。

|

« ドライブ・シミュレーション | トップページ | 丹下健三 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/3424493

この記事へのトラックバック一覧です: 女性のフットワーク:

» ネパール [ネパール旅行体験]
4月の時は、バンダ(ストライキ)がよく起こっていて、タクシーを利用できない日が旅行期間中2日間ありました。9月のときもバンダがありました。バンダが起こる日はネパ... [続きを読む]

受信: 2005.03.26 22:40

« ドライブ・シミュレーション | トップページ | 丹下健三 »